ホーム >> ご使用の患者さま

ご使用の患者さま

ご使用の患者さま

網膜静脈閉塞症について

「網膜静脈閉塞症」は目の静脈内に血栓が詰まり、眼底出血や網膜・黄斑の腫れ・むくみ(網膜浮腫・黄斑浮腫)を起こす目の病気で、「網膜静脈分枝閉塞症」「網膜中心静脈閉塞症」の2種類あります。 この「網膜静脈閉塞症(網膜静脈分枝閉塞症・網膜中心静脈閉塞症)」という目の病気とその症状や治療法、病院選びについて詳しくご紹介しています。

詳しくはこちら

強度近視について

強度近視が進行し、急激な視力低下や、歪んで見える・ぼやけて見える、目の中に黒い点が見える(飛蚊症)といった視覚障害をもたらす病的近視は、眼鏡やコンタクトレンズの度数を変えても合わない・視力が回復しないという目の病気です。強度近視・病的近視の症状や治療法、病院選びについて詳しくご紹介しています。

詳しくはこちら

加齢黄斑変性について

加齢黄斑変性という目の病気について、「病気のしくみ」、「種類」、「なりやすい人」、「症状」など、皆様が気になる情報をご紹介します。また、「患者さんとご家族のための情報ページ」では、医師の方からの「病気への向き合い方」や「患者さんの体験談」、日常のくらしに役立つさまざまなアイデアをご紹介しています。

詳しくはこちら

糖尿病黄斑浮腫について

糖尿病の三大合併症の一つである「糖尿病網膜症」は働き盛りの主要な失明原因です。また、「糖尿病黄斑浮腫」は糖尿病網膜症の病期に関係なく発症し、著しい視力の低下を招きますが、いずれも早期に発見し、適切な治療を受ければ、ほとんど大事に至ることはありません。本サイトでは早期発見のための眼科受診の頻度の目安、病気の進行のしかたや症状、治療法、病院選びについて詳しくご紹介しています。

詳しくはこちら

文字サイズの変更

  • 小さく
  • 標準
  • 大きく

加齢黄斑ドットコム

ものが「ゆがむ」「欠ける」「中心がぼやける」といった見え方の異常は加齢黄斑変性かもしれません。こちらでご確認ください。

詳しくはこちら

お問い合わせ先